キャッチャーの筋力アップ

| トラックバック(0)

野球キャッチャーの場合、“休幹”が特に鍛えられれば簡単にライバルに差をつけることかできます。

ちょっと地味なことですか、近い将来に大きな結果を生むことかできるので、必ず時間作って鍛え上げてください。

具体的な回数は、厳密に言えば体格、体系、年齢などにもより異なるのですか、支障のない範囲で20~30回を目標にしてもらえればよいと思います。

さて、ここまでキャッチャーの筋力アップについてお話をしてきたのですか、長期的に見れば選手としてのクオリティーが高まるといえます。しかし‥・
長期的なゆえに『即効性』に欠けてします。
例えば2週間後に大事な試合かあるとしたら、いくらそこに照準を合わせて筋力をつけても間に合わないということです。
誤解のないように言いますか、筋力トレーニングは長い目で見ても重要な要素です。絶対に鍛えたほうかいいに決まっています。
ただ、2週間後にある大事な試合に向けて、どれだけ効果的か?と聞かれたら
やはり即効性には欠けるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、inforeが2019年1月17日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親知らずの抜歯を水戸で痛みを感じにくく治療したい」です。

次のブログ記事は「シミを消す目的の」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31